メニュー    日本映画   |   外国映画   |   アニメ  
ヘッドライン
★相互RSS募集中 お問い合せはこちら

攻殻機動隊が「スノーホワイト」の監督でハリウッド実写化!

士郎正宗によるSFコミック「攻殻機動隊(英題:GHOST IN THE SHELL)」がハリウッドで実写リメイクされるようだ。
「攻殻機動隊」は押井守によってアニメ映画化もされており、国内外で高い評価を得ている作品である。

攻殻機動隊


監督にはCM作家出身で「スノーホワイト」のメガホンを取ったルパート・サンダースが起用されるようだ。
「イノセンス」を全米配給したドリームワークスによって3D実写化されるという情報は数年前から出ていたが、これによりプロジェクトが大きく進展することになるだろうか。
情報源:http://www.deadline.com/2014/01/rupert-sanders-set-to-helm-ghost-in-the-shell-for-dreamworks/

「攻殻機動隊」は21世紀の第4次非核大戦後、サイボーグ(義体化)技術が発展した日本の未来社会を舞台に、内務省直属の公安警察「公安9課」、通称「攻殻機動隊」の活躍を描く物語。


最新映画情報局[2014/1/25]




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

コメント:


ツイッターとフェイスブックでも情報を発信しています

ツイッター

フェイスブック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  最近のニュース  





おすすめサイト アンテナ

相互RSS募集中 お問い合せはこちら

  メニュー    日本映画   |   外国映画   |   アニメ  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。