メニュー    日本映画   |   外国映画   |   アニメ  
ヘッドライン
★相互RSS募集中 お問い合せはこちら

【映画情報】ハリウッド実写化「攻殻機動隊」の主役候補が明らかに

士郎正宗原作の人気SFコミックで、押井守によってアニメ映画化もされた「攻殻機動隊」ハリウッド実写化企画が進行している。
映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜」のマーゴット・ロビーが出演交渉中のようだ。



ドリームワークスが制作し、映画「スノーホワイト」のルパート・サンダーズが監督を務める予定。

「攻殻機動隊」は21世紀の第4次非核大戦後、サイボーグ(義体化)技術が発展した日本の未来社会を舞台に、内務省直属の公安警察「公安9課」、通称「攻殻機動隊」の活躍を描く物語。
国内外で高い評価を得ている作品である。

情報源:thewrap.com




最新映画情報局[2014/9/4]
 





ツイッターとフェイスブックでも情報を発信しています

ツイッター

フェイスブック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  最近のニュース  





おすすめサイト アンテナ

相互RSS募集中 お問い合せはこちら

  メニュー    日本映画   |   外国映画   |   アニメ  
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。