メニュー    日本映画   |   外国映画   |   アニメ  
ヘッドライン
★相互RSS募集中 お問い合せはこちら

遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督「沈黙」から、浅野忠信、窪塚洋介の画像

「ディパーテッド」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などのマーティン・スコセッシが、遠藤周作の小説を映画化する「沈黙 -サイレンス-」から浅野忠信と窪塚洋介の場面写真が公開された。

Silence-asano.jpg

Silence-kuboduka.jpg
Photo Credit Kerry Brown

「沈黙」は、江戸時代初期のキリシタン弾圧の渦中に置かれたポルトガル人の司祭を通じて、神と信仰の意義を命題に描かれた小説。


公開された写真は、浅野忠信演じる通辞と、窪塚洋介演じるキチジロー。

通辞は、神学校で学び洗礼を受けた過去を持つ奉行所の通訳を務める男。
キチジローは、主人公のポルトガル人司祭ロドリゴがマカオで出会った日本人で、ロドリゴを日本へ連れて行く重要なキャラクター。


主演は「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド。
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のアダム・ドライバーや、「96時間」などのリーアム・ニーソンらが共演する。


映画「沈黙 −サイレンス−」は2017年1月21日公開。

情報源:cinema-frontline

沈黙 (新潮文庫)
遠藤 周作
新潮社
販売価格 ¥356
(2016年12月9日時点の価格)


ウルフ・オブ・ウォールストリート [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
販売価格 ¥1,081
(2016年12月9日時点の価格)



関連記事
遠藤周作「沈黙」をスコセッシ監督が映画化 リーアム・ニーソンの画像が公開
マーティン・スコセッシ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演、遠藤周作の「沈黙」映画化が遂に撮影スタート


最新映画情報局[2016/12/9]
 


ツイッターとフェイスブックでも情報を発信しています

ツイッター

フェイスブック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  最近のニュース  





おすすめサイト アンテナ

相互RSS募集中 お問い合せはこちら

  メニュー    日本映画   |   外国映画   |   アニメ